お金がない人の特徴的な行動7つ〜お金がないという人ほどお金を無駄に使っている

あなたの周りにはいつも「お金がない!」と言っている人いませんか?

かつて私もそうでした。(いつも言いふらしてはいませんけどね)

そして、かつての私のように「お金がない!」とは言わなくとも「思ったように貯金ができないなぁ」とか「あぁ、今月も給料日が待ち遠しい!」と思っている人はきっとたくさんいると思います。

私が節約生活を研究している中で、お金がない人の特徴が見えてきたので、今回はそれをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お金がない人とは?

お金がないとは言っても

・仕事をしたいけどできなくてお金がない

・借金を抱えていてお金がない

・お金どころか家さえない

という人は今すぐこのブログを読むのをやめて、役所か法律事務所に行きましょう。

この記事では

・普通に働いているのになぜかお金がない!

・収入はあるはずなのに気がついたらお金がない!

・毎月の収支が±0。どうしても貯金ができない!

という人たちに向けて書いていきます。

お金がないという人はお金と上手に付き合えていない

お金がない人の大半は、実はお金がないわけじゃないんです。

一生懸命働いて手にしたお金を無駄に使ってしまっているからお金がないんです。

実際私が一人暮らしをしていた時には毎月の収入が手取りで23万円ほどありました。これって東京に住んでいたとはいえ、20代半ばの女子としては十分な収入ですよね。でも毎月本当にカツカツで、

「私って貧乏だなぁ……」

と本気で思っていたのです。

ではどうして当時の私はお金がなかったのか、振り返ってみたいと思います。

お金がない人の特徴的な行動7つ

1.コンビニが好き

ドキッとした方!いますぐコンビニに行くのやめましょう!!!!

コンビニは24時間いつでも空いていて、美味しい食べ物も面白い漫画や雑誌も、お酒もおつまみも果ては洗剤や靴下までなんでも揃っています。

本当に便利ですが、コンビニに売っているものは大抵割高です。

コンビニで買うと160円のジュース、ドンキに行けば80円で売ってますよ。その辺のスーパーでも同じくらいで買えます。むしろプライベートブランドのジュースでよければ50円とかで買えちゃいますからね。

そしてなんとなく買ってしまう雑誌や漫画。それ本当に必要ですか?

最近は付録が良くて買うことも多いでしょうが、中身に関しては暇つぶしくらいにしかなりませんし、探せば同じような情報はネットでも見つけることができます。

それに、実は雑誌って図書館にも置いてあるんです!

すべての図書館にすべての雑誌が置いてあるわけじゃないですが、JJとかのファッション誌も置いてあったりしますよ。

私は付録がどうしても欲しい!という雑誌は買いますが、基本的に雑誌は買わなくなりました。図書館でも読めるし、美容院でも読めますしね。

コンビニは有効に活用すればとてもいいお店ですが、目的もなくとりあえずコンビニに寄ってそれほど欲しくないお菓子や、ジュース、雑誌を買うという習慣がついている方は今すぐ改めましょう!

2.自動販売機をよく使う

これも本当に無駄なので今すぐやめましょう。

自動販売機で160円で売っているジュース、ちょっと先のスーパーで80円とか100円とかで売っています。

緊急時は利用してもいいと思いますが、会社に置いてある自販機で毎日何本もジュースを買うという人は明日からマイボトルにお茶を入れて持参しましょう。

いきなりマイボトルはハードルが高い人はスーパーやディスカウントストアでお気に入りのジュースをまとめ買いして会社に持参するところから始めてみてはいかがでしょうか。

時間がない人はAmazonなどの通販でもコンビニや自動販売機よりはずっと安くジュースを購入することができますよ。

3.いつも何もかもギリギリ

お金がない人の特徴として、いつもギリギリまで何もしない人が多いです。

例えば飛行機に乗ってどこかへ行かなくてはならない時、日程が前もってわかっていれば早割を使ったり金券ショップで株主優待を探したりして普通運賃の半額程度で乗ることができます。

でもお金がない人はギリギリまで行動しないので、ハッと気がついた時には通常運賃かそれに近い運賃でしか乗ることができず、結果何万円もお金を無駄にしてしまうのです。

これは飛行機だけじゃなく車検やホテルの予約など様々なことに当てはまります。

この辺りは予約系のものだけでなく普段の生活態度にも現れますので、普段から時間に余裕をもって生活しましょう。

4.タバコやお酒の嗜好品が好き

この辺りはその人の生き様でもあるので、私がどうこう言える問題ではありませんが、私は個人的に煙になって消えてしまうものに毎月1万円以上かける気にはなれません。

お酒も楽しいお酒の席で嗜む程度はいいと思いますが、毎日浴びるように飲むのは健康にもよくありません。

禁煙や禁酒はダイエットと同じで「頑張ろう!」と決めてもなかなかできるものではないですが、少しずつでも減らせるとお財布に余裕ができてきますよ。

5.飲み会などの誘いを断らない

仕事でどうしてもお付き合いをしなければならない場合もあるでしょうが、週に何度も飲みに行く人はいくら稼いでもお金が残りません。

湯水のように使っても大丈夫なくらい稼いでいる人は問題ありませんが、普通のサラリーマンの場合は多くても月に2~4回くらいが適正ではないでしょうか。

行きたくない飲み会や、会費の高い飲み会は断る勇気も時には必要ですよ。

6.お得になる方法を探さない

お金がないないという人ほど、お得になる方法を探して利用することをしません。

例えばスマホを格安SIMに乗り換えたり、特急電車で行くところを高速バスにしたりするとかなりお得になりますよね。

スマホを格安SIMに乗り換えれば大体の人は5,000円くらいは月の維持費が安くなります。

特急列車や新幹線を利用すれば数万円かかるところも高速バスを利用すれば数千円で移動できます。

”格安SIMがお得なのはなんとなくわかっているけど、調べるのも乗り換えるのもめんどくさい”

”高速バスは安いけど疲れるから乗りたくない”

気持ちはとってもよくわかりますが、お金がない、お金が足りないと感じているなら今すぐにでも行動すべきです。

7.予算を決めずになんとなくお金を使っている

このパターンは本当に多いと思います。

かつての私もそうでした。

お金が溜まっている人は、(使い切れないほどの収入がある人を除けば)すべからく予算を決めています。

例えば食費は3万円以内にするとか、1週間の生活費を2万円にする、とかです。

そしてその予算を決めたら絶対に守ります。

給料日に何も考えずに数万円ATMで下ろしてお財布に入れ、なくなったらまたATMへという生活ではいつまでたってもお金はたまりません。

そしてお金を下ろすときはコンビニのATMでも平気で使ってしまう、というパターンは本当に最悪です。

コンビニATMは24時間お金を下ろせるので緊急時は本当に便利なのですが、手数料が高いので本当の緊急時以外は利用すべきではありません。

手数料のかからないATMで月に1回決まった金額を下ろし、その範囲内で生活をするべきです。

まとめ:お金を使うことにメリハリをつけよう

ここまで書いておいてなんですが、”お金を使う”ということは決して悪いことではありません。

むしろみんながお金を使わなくなったら経済が回らず大変なことになってしまいます。

でも無駄にお金を使って毎月貯金もできずに過ごしていると、本当に有意義なお金の使い方ができなくなってしまいます。

例えば、一人暮らしで毎月の食費の予算が4万円だったとして、

・毎日ファストフードやコンビニで購入したご飯を食べている

・普段はしっかりと自炊をして時々恋人や友達とちょっといいレストランで食事をする

どちらが有意義な4万円の使い方でしょう。

体の健康にも心の健康にも後者の方がいいに決まっていますよね。

お金の使い方にメリハリをつけると、同じ収入でも人生の豊かさが格段に変わってきます。

私もまだまだ節約研究中で、時には予算がギリギリになってしまうこともありますが、毎月試行錯誤しながら頑張っています。

結果が数字にしっかりと現れるのですごく楽しいですよ!

「なかなか貯金ができないなぁ」という人はぜひ私と一緒に節約生活頑張りましょう♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。