我が家の愛犬トイプードルが生後半年になったので成長を振り返る【前編】

おはようございます!ゆちゃぴん(@yuchapin_pin)です♪

私事ですが本日、12月4日でメロちゃんが生後半年になりました!

ハーフバースデーの節目なので、メロちゃんがうちの子になってからいままでを振り返ってみたいと思います!

親バカ全開ですが、よかったらお付き合いください♪

スポンサーリンク

メロちゃん、生後2ヶ月

うちの子になった日

メロちゃんがうちの子になったのは2017年8月5日。

生後2ヶ月と2日という人間に換算すると2〜3歳くらいの赤ちゃんでした。

ペットショップではおとなしくて、我が家に来てからもしばらくは鳴かず動かず。

ショップでは健康ですよ!と言われていたものの、小型犬をお迎えするのが初めてだったので具合でも悪いのかととても心配しました。

とてもおとなしい子犬のメロちゃんでしたが、食欲だけは旺盛で、

「しばらくは緊張してごはんが食べられないかもしれないから、あまり食べないようであれば連絡してください」

というショップのお姉さんに言われてドキドキしていた私の不安をぶっ飛ばしてくれたのでした。

我が家に来た翌日の体重は約980gで、ショップでは少し大きめ、成犬で5kgくらいになるかも、と言われていました。

2ヶ月前半

メロちゃんをお迎えしてから1週間ほどはほとんどの時間をケージの中で過ごしてもらいました。

我が家の環境に慣れるため、子犬に必要な睡眠や休息をしっかりと取るために多くの専門家が推奨しています。

しかし、短期間のうちにブリーダーからペットショップへ、ペットショップから我が家へと目まぐるしく環境が変わったせいもあるのか、おとなしい子犬のメロちゃんでも初日からかなり夜鳴きしました。

夜だけでなく、昼間でも私の姿が見えなくなると

「キュン、キュ〜〜〜〜ン」

と胸が締め付けられるような声で鳴くのです……。

ケージに毛布をかけるとおとなしくなったので、しばらくはケージに毛布をかけて過ごし、慣れたら少し毛布をずらして隙間を空け、また慣れたらさらに毛布をずらして……と地道にやっていました。

このころはごはんの回数も1日に4~5回、うん吉くんもまだ柔らかめで踏み散らかすことも多く後片付けに追われる毎日。正直ちょっと育犬ノイローゼ気味でした。

あんなに望んでお迎えしたのに……。

と、自己嫌悪に陥ったこともありました。

でも、やっぱり可愛いメロちゃんの姿を見ると

“この子をお迎えしてよかった!”

と心から思えたので、この時期を乗り切れたのかな、と思っています。

食欲旺盛なメロちゃん、お迎えしてから2週間で約500g体重が増え、1,500g近くになっていました。

どんなデカプーになるかとワクワク半分、ハラハラ半分でした。

寝顔は天使

人間の子も寝顔は天使ですが、子犬もほんっっっっっっっとうに寝顔可愛いです!

毎日いっときも目が離せなくてちょっと疲れてしまっても、この寝顔を見たら疲れも吹っ飛んでしまいました!

生後2ヶ月くらいの子犬は1日20時間近く眠るとも言われていて、さっきまで遊んでいたと思ってもコテン、と寝てしまっていることも多かったです。

たまにはこんなLLサイズの態度で寝ていることも。社、社長……?笑

生後2ヶ月後半

生後2ヶ月後半になると、よちよち歩きからトコトコ歩きになり、ボールを追いかけるスピードも早くなりました。

この頃のお気に入りは骨の形をしたおもちゃ。

原料がとうもろこしでできているので食べてしまっても大丈夫!ということで購入しました。

しかしお気に入りすぎて数日でボロボロに……。

かけらを大きいまま飲み込むと危険なので大好きな骨のおもちゃはお蔵入りしました。

歯がムズムズするのか、甘噛みがひどく加減もできなかったので、”噛み”に対するしつけは気を使いました。

体重は2ヶ月前半で一気に増えた反動か、2ヶ月後半は横ばいの時期が続き、1500g台後半〜1600g台前半をウロウロしていました。

スポンサーリンク

メロちゃん、生後3ヶ月

生後3ヶ月はメロちゃんにとっても飼い主の私たちにとっても試練でした。

突然お留守番犬に……

メロちゃんが生後3ヶ月だった今年の9月、1ヶ月間実家の手伝いのため私も昼間家を空けることになってしまったのです。

繁忙期に人手が足りないため急遽だったので、いままでほとんど長時間のお留守番をしたことがなかったメロちゃんが心配で、ペットの保育園に預けることも検討しました。

しかし、まだワクチン3回目が終わっていないことなどからとりあえずお留守番をさせてみよう、ということになりました。

私が夕食後寝室で仮眠していると、寝室のドアの前でずっと待っているメロちゃん。

待っているうちに寝てしまった様子で、本当に申し訳ない気持ちになりました。

トイレを覚えた!

トイレトレーニングは2ヶ月の間ずっと苦戦していたのですが、お留守番させる数日前に奇跡的に覚えてくれました。

なので、リビングフリーにしてのびのびとお留守番してもらうことができました。

やはり突然お留守番が増えて淋しいのか、この時期はまるでストーカー!?というくらい後追いも激しく、私がお風呂に入っていてもこうしてお風呂マットの上からジーっと見ていました。

写真で振り返るとやっぱり寂しそうなお顔してますよね。

メロちゃんにお留守番してもらうことは私にとっても辛いことでしたが、今となってはべったり一緒にいない時間もお互いを成長させてくれたように感じます。

夜は寝室で一緒に寝ることにした

お留守番犬となったメロちゃん。

これまで通りリビングのケージと寝室で別々に就寝するとふれあう時間がほとんどなくなってしまうので、本来はよくないとされている

“愛犬と同じベッドで寝る”

ことを解禁しました。

メロちゃんをお迎えした当初、私は同じベッドで眠るつもりはなく、メロちゃんはリビングのケージか犬用ベッドで寝てもらうつもりでした。

衛生面や愛犬との適切な距離感など様々な理由から同じベッドで眠ることは”良くない”とされています。

それでもまだ生まれて3ヶ月、我が家に来て2ヶ月目のメロちゃんとふれあう時間が少なく、せっかく少しずつ築いてきた信頼関係が壊れてしまうことの方が問題だと思ったのです。

我が家の場合は”一緒に寝る”ことのメリットが”別々で寝る”ことのメリットを上回っていたのです。

今でもほとんどの日を一緒に寝ていますが、だんだん大人になってきて人間の都合でリビングで寝てもらっても(ちょっと文句言ってますがw)大丈夫になりました!

生後3ヶ月は緩やかに体重も増加し、3ヶ月になる前日の2回目のワクチンで1,620g、4ヶ月になる前日で約2,000g(洋服、首輪とリード込で2,150g)と成長はゆっくりになったものの、しっかりと大きくなっていました!

長くなりましたので、4ヶ月以降は【後編】へ続きます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。