メロちゃんがうちの子になった日【生後半年振り返り番外編】


みなさんこんにちは!ゆちゃぴんです♪

今回はメロちゃん生後半年振り返り記事の番外編で、メロちゃんがうちの子になった日を振り返ります。

メロちゃんと出会った日のことをただ書いただけの”誰得”内容ですw

それでもいいよ〜♪

という心優しい方はぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

メロちゃんとの出会い

出会いは偶然

忘れもしない8月5日、私は中学時代の同級生と地元のお祭りを楽しんでいました。

お祭りも一通り楽しんで、夕方から

“飲みにでも行くか〜♪”

と街中をウロウロしていて、フラっとペットショップに入りました。

実は半年ほど前からワンちゃんをお迎えすることを夢見て計画を立てていたのです。

そろそろかな、と思っていたのでちょうど毎週末のようにペットショップを見て回ったり、ブリーダーさんを探したり、里親情報を探したりしていた所でした。

犬種は最初からトイプードルか、トイプードルのミックス犬と決めていたので、たくさん並んだショーケースの中で、トイプードルのコーナーを眺めていました。

その中でずっとこちらにお尻を向けて寝ている子が一匹……。

でもその子のカラーが子供の頃に実家で飼っていたゴールデンレトリバーと似ていて、顔すら見えないのになんだか気になりました。

お顔を見てひと目ぼれ!

しばらく店内を見ていても、その子はずっとお尻しか見せてくれません。

店員さんが

「気に入った子がいたら抱っこしてみますか?」

と聞いてくれたので

「このお尻向けて寝ている子でも大丈夫ですか?」

と聞いたらOKしてくれたので、抱っこさせてもらいました。

初めてこちらを見たお顔は、トイプードルと言うよりもゴールデンレトリバーなど大型犬の子犬のような優しくてかわいい顔をしていて、ひと目で気に入ってしまいました。


そして、抱っこをしていても本当におとなしくておっとりしている感じで、ますます気に入ってしまいました。

メロちゃんも私が抱っこしても落ち着いている様子で、嫌がったり興奮して暴れたりする様子はありませんでした。

30分ほど店内で悩み、一緒に住んでいる彼氏にも電話で相談し、

“この子だ!!!”

という運命を感じたのでメロちゃんを家族に迎えることに決めました。

衝動飼いといえば衝動飼いですが、全くの突然というわけではなく、半年間の準備期間を経ての衝動飼いでした。

お迎えしたその日から

メロちゃんをお迎えしたその日から、私たちの生活は一変しました。

毎週土曜日はふたりで出かけて、日曜日も出かけていることが多かったのですが、メロちゃんをお迎えしてからはお出かけも減りました。

何をするにもメロちゃんが中心。

夜泣きからトイレトレーニングから、お座りや待てのしつけ、ブラッシングやシャンプーに慣れる練習と、初めての育犬ながらここまで4ヶ月間一生懸命にやってきました。

もちろん、時にはプロの手を借りることもありました。

今では一緒にいることが当たり前になってしまっていますが、家族になってまだたったの4ヶ月です。

メロちゃんをお迎えしたその日

「これから20年、ずっと一緒にいようね」

と約束しました。

その時の嬉しさ、感動をいつまでも忘れずに、これからも家族の一員として大切に育てていきたいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。