お弁当を作ることのメリット5つとお弁当作りを楽しみに変えるアイディア3つ【ふたり暮らしの節約ごはん】

こんにちは、ゆちゃぴん(@yuchapin_pin)です♪

寒い冬の朝、早起きしてお弁当を作るのはしんどいですよね。私も毎週月曜日〜土曜日まで毎日お弁当を作っていますが、正直しんどい〜!!!と思うこともたくさんあります。

でも”お弁当を作る”ということにはしんどさ以上のメリットがあると考えているので、今日はお弁当を作ることのメリットを考えてみたいと思います!

スポンサーリンク

お弁当作りはしんどいけどメリットたくさん!

1.栄養バランスを考えられる

外食やコンビニのお弁当、旦那さんや子供が自分で好きなものを選ぶとどうしても栄養が偏りがちになります。

手作りのお弁当を持たせれば、奥さんやお母さんがある程度栄養バランスをコントロールすることができるので、お肉ばかりとか、おにぎりとサンドイッチとか、カップラーメンとパンなどの偏った食事を予防することができます。

2.ランチコストの削減に効果抜群!

新生銀行による「2017年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員の弁当持参時以外の昼食代は平均で590円。社食などでもっと安く食べられる会社もあるでしょうから、外食する方の平均は600円を超えているのではないでしょうか。

仮にお昼ごはんに毎日600円かかっている場合、月に22日出勤したとすると昼食代だけで13,200円支出することになります。

これをお弁当作りに置き換えると、我が家の場合は大体お弁当1食で150円以内なので、22日で3,300円。10,000円近く節約できる計算になります。

毎月10,000円だと年間で120,000円の節約になります。かなり大きな節約効果が期待できるのではないでしょうか。お小遣いで昼食代を出しているお父さん、少し早起きして自分でお弁当を作るか、奥さんに多めにお弁当代を渡して作ってもらえるよう交渉してみてはいかがでしょう。

3.残り物アレンジでエコ&お得!

お弁当には前日の夜ごはんの残り物を入れるかアレンジして活用すれば無駄もないですし、お弁当作りの手間もかからず一石二鳥です。

夜ごはんの盛り付けの時にお弁当カップにお弁当用のおかずを取り分けておくと朝はポンっとお弁当箱に入れるだけなので本当に簡単ですよ。

もし夜ごはんと同じものを食べるのがいやだ〜!という旦那さんの場合は、少しアレンジして目先を変えると良いです。例えば肉じゃがやカレーはコロッケにしたり、シチューをグラタンにしたりなどです。

夜ごはんのおかずをお弁当に回すことができると、お弁当のコストもより下がるのでお財布にも優しいです。ほんの一手間でお弁当作りがぐっと楽になるのでおかずの取り置きはおすすめです。

4.少人数家族の場合常備菜の食べきりに貢献!

我が家のように2人暮らしの場合、常備菜を作ってもなかなか食べきれずに傷んでしまうこともあります。

お弁当を作っていれば常備菜の消費もできるので、我が家では1週間のサイクルで2種類ほどの常備菜を作っています。お弁当の箸休めや晩ごはんの付け合せに便利です。お弁当のみならず晩ごはんもちょっと楽になるので、「お弁当面倒!」という人は常備菜の作り置きから始めてみてはいかがでしょう。

ちなみに我が家の常備菜の定番は全て簡単なものばかりです。

  • 小松菜のおひたし
  • 小松菜の胡麻和え
  • 無限ピーマン
  • もやしナムル
  • ゆかりもやし
  • コールスローサラダ

などです。どれも簡単で10分もあれば完成しますが、作っておくととても便利です。ひじき煮付けや切り干し大根、きんぴらごぼうなども作り置きとして適していますしアレンジもしやすい万能おかずですよね。

5.添加物を避けることができる

現代社会に生きているとあまり神経質になっても生活が不便になってしまいますが、コンビニのお弁当や外食には食品添加物が使われていることが多いです。

昼食はほぼ毎日のことですから、健康のことを考えると添加物が使われているものよりは使われていないものを食べさせてあげたいですよね。

お弁当作りを楽しく!デメリットを解消しよう

お弁当箱を洗うのが面倒

お弁当箱って本当に洗うのが面倒ですよね。1度洗いではなんだかぬるぬるする気がするし、細かいパーツや角が多いのでしっかりと洗えているか不安になります。さらにお箸やスプーン、醤油差しやピックなどの小物はしっかり洗うのが本当に大変です。

我が家では少し前からキュキュット クリア泡スプレーを利用しています。

CMで見かけて興味を持っていたのですが、実際に使ってみると本当に洗い物が楽になりました!特にお弁当箱などの油汚れやお弁当カップ、ピックなどの小物洗いには力を発揮してくれます。

サッとぬるま湯ですすぎ洗いした後でキュキュット クリア泡スプレーをシュシュっとスプレーしてしばらく放置した後に通常と同じようにスポンジで洗うとほとんどの汚れが1度でスッキリと落ちますよ!CMのように泡のつけ置きのみでスッキリとまではいきませんが、なんども洗ってはすすぎを繰り返すよりはずっとストレスがありません。

お弁当箱以外にも水筒やストローなどの洗いにくいものにも使えるので、普通の洗剤よりは少し割高ですが1度使って以来便利さに手放せなくなりました。

Amazonでも売ってます♪

朝早起きがしんどい

特に寒い時期は朝早く置きてお弁当を作るなんてしんどいですよね。

私も最初は5時半に起きるのが本当に辛かったです。でも人間慣れてしまえば結構平気になりますので、まずは1週間チャレンジしてみてはいかがでしょうか。寒い時期は起きる時間の少し前に暖房をタイマーにしておくと寒くて辛い思いをしなくても済みます。

早起きは三文の得とも言いますし、最近の私は大体4時頃に起きて仕事をしたり自分の勉強や趣味の時間を作っています。朝活を始めるきっかけにもいいですよ!

朝活のススメはこちら♪

最初はしんどい早起きも、自分の健康や趣味の時間を持てるなどのメリットがあれば慣れるまで続けやすいのではないでしょうか。

作るのが面倒くさい

お弁当を作って毎日しっかり感謝を伝えてくれる旦那さんなら作りがいもありますが、”当然”という顔をしているような旦那さんも多いのではないでしょうか。

私の彼も感謝を伝えてくれるタイプではないので絶賛教育中なのですが、すぐには改善しないので当面のお弁当作りへのモチベーションを保つためにSNSを活用しています。

こんな感じでTwitterにアップすると徐々に”いいね”や”コメント”をもらえるようになり、さらに自分も毎日お弁当を作っている人をフォローすると同じように頑張って作っている人をたくさん目にすることができます。

”お弁当仲間”ができるとお弁当作りが”孤独な作業”から”楽しみ”に変わりますし、いろんな人のお弁当を見るとおかずのアイディアや詰め方の勉強にもなります。

自分のお弁当を公開するのはちょっと恥ずかしいですし、最初公開した時は

「料理下手すぎ〜www」

などと言われてしまったらどうしよう!と思っていたのですが、Twitterのみなさんは優しくて私の地味弁でも表立ってバカにされたことはありません。

もしかしたら「こいつのお弁当よりはマシだなw」という安心材料として誰かに貢献しているかもしれませんが、それはそれで人の役に立っているという意味なのでいいのですよ……(笑)

スポンサーリンク

まとめ:楽しんでお弁当を作ってみよう

しんどい早起き、面倒なお弁当作り、毎日の地味〜な作業。

時々嫌になってしまうこともあります。でもお弁当を作ることで得られるメリットもたくさんありますし(我が家の場合は特に節約面で)、便利な道具やSNSを活用することで負担を軽減することもできます。

特にSNSを活用してお弁当作りを楽しみに変えるのはおすすめです。

忙しい人はまず”毎日絶対作る!”と決めずに、週に数回からでも始めてみてはいかがでしょうか。

お弁当仲間がひとりでも増えてくれるととってもとっても嬉しいです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。